しつこいピロリ菌

ピロリ菌は自然消滅しません

ピロリ菌を倒そうピロリ菌は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを引き起こす原因の菌で、症状が進行すると胃がんになる恐れがあります。
胃の中に住みついて胃の壁を傷つける細菌です。
胃の中は強い酸性なので細菌は住むことができないと考えられていましたが、1983年に発見されました。
ピロリ菌は胃潰瘍になる原因なので、除菌することで胃の病気は減少します。
世界中で保持者が発見されていて、特に発展途上国では感染率が高いです。
これは、感染経路が食べ物や飲み物であり、上下水道の普及が低かったり、衛生状態の悪い所では菌は繁殖し感染するためです。
胃の中は高い酸性で、生き物は生きて行くことはできません。
実はピロリ菌も死滅するような高い酸性なのですが、この菌は胃酸に直接触れないように住みやすい環境を作り出し生息します。
粘膜の下にもぐって多くの胃酸から逃れているのです。
また、胃酸に耐えるために酵素を吐き出します。
この酵素を含めた毒素が胃の粘膜に障害をもたらすのです。
ピロリ菌は自然消滅が難しい菌です。
この菌の増殖を抑える効果が期待できるヨーグルトなどを摂取する方法もありますが、慢性胃炎を感じる場合は、病院で検査をすることができるため、症状が進んで胃がんなど大きな病気になる前に感染の検査をすることが重要です。

ピロリ菌を除菌する方法

私達の健康をおびやかすピロリ菌。
一度感染すると、ピロリ菌は私達の胃の中で生きており、除去しない限り棲みつづけます。
ほっておくと拡がり続け、胃炎、胃潰瘍、胃がんなどその他様々な病気をひきおこします。
ピロリ菌を除去する方法としては、「ヨーグルトを食べる」、医療機関を通して行う「除菌療法」などです。
まず「ヨーグルトを食べる」方法ですが、ヨーグルトに含まれている乳酸菌を取り入れて悪玉菌を減少させる方法です。
この方法の良い点は、便通もよくなり、肌がキレイになる、体の代謝も良くなるという点です。
ただしすべてのヨーグルトにこの効果があるわけではなく、除去するためのヨーグルトがあるので、選ぶ際には注意して選ぶ必要があります。
そして薬を服用するわけではないので、副作用などの心配が無用です。
この方法の悪い点は、長期間、ヨーグルトを食べ続けても、必ずしも100パーセント除去できるとは限らないというとです。
ただ減少させる効果には期待できます。
次に、「除菌療法」についてです。
この方法の良い点は、高い確率で除去できる可能性があることです。
お薬をもらい、一週間ほど薬を飲み続け、その後検査を行います。
その検査で除去が完了できなかった場合は、二度目の療法を行います。
この時点でほとんどの人が成功しています。
この方法の悪い点は、薬を服用することと検査に時間をとられることです。
人によって希望する効果や方法は違うので、その人にあった方法を選ぶことが大切です。

健康サプリの最新情報

薬に頼らずピロリ菌対策

ピロリ菌 対策

プロポリスをお求めやすいように徹底比較

プロポリス

アルギニンサプリメントをあらゆる角度から徹底比較検証

精力剤